ゼロ・エネルギー・ハウス

ケーエムハウス とちぎのロハスな家

ゼロエネルギーハウス(ZEH)

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
年間の一次エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ゼロエネルギー

一次エネルギーとは?

発電のために必要な、石油や天然ガスなどの化石燃料や水力など、自然界に存在するものから得られるエネルギーのこと。
一次エネルギーを加工してつくられる電気などは二次エネルギーと言われます。

年間の一次エネルギー消費量のイメージ

政府目標

2,020年までにZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)を新築戸建住宅の過半数をZEH化を目指す。
2,030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。

ZEHの家にするには?

断熱

断熱性能を向上して、エネルギー
ロスを最小限とする住宅を建てましょう。
(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

省エネ

家で消費する電力量を減らすために、
HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を
選定して、取付けましょう。

創エネ+畜エネ

家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、たっぷり太陽光発電でしっかり発電しましょう。創エネした電力を貯めて発電時間以外にも使えるように蓄電池の利用が望ましいとされています。

ZEH要件2

以下の①〜④の全てに適合した住宅
①外皮の断熱性能(外皮平均熱貫流率UA値)が以下の水準を下回る住宅
 4〜7地域:0.6w/㎡・K(NA値、気密、防露性能の確保などは平成25年基準に従う)
②再生可能エネルギーを除き20%以上の一次エネルギー消費量削減
③再生可能エネルギーシステム導入(容量不問)
④再生可能エネルギーシステムを加えて100%以上の一次エネルギー消費量を削減