お知らせ

『住まいStudio』見学&体感

2018/11/26

 

 

先日、西新宿にある

LIXILの『住まいStudio』

に行ってきました!

 

以前から申し込んではあったのですが実現までに

何と『約2ヶ月』かかりました!

 

ここは体験型のショールームで

実際に0℃まで冷やした空間内に(巨大な冷蔵庫内)

『昭和の建物』→『今の建物』→『これからの建物』を配置し

住宅の断熱性能の違いによる冬の室内温度の感じ方を

体験できる素晴らしい施設になっています

※年間の維持管理費が・・・1億数千万円掛るらしい

 

 

■studioを案内する『KMの二人』

 

 

 

早速中へ・・・・・

 

 

■最初に体験する家は『昔の家:昭和55年基準』

 

 

■室内の中央には『グローブ温度計』

※体感温度を測定する温度計

 

 

 

 

■サッシは『アルミサッシ:単板ガラス』 屋外は『0℃』

 

フレーム(サッシ枠)は『ひんやり』

 

 

■サーモグラフで室内温度を確認:黄緑と青が多いですね

 

床は『青』ということは『冷たい』ことになります(足冷えました)

※奥に見える窓にかなり色が近いことが分かります

 

建て替えの方は、

ほとんどこの基準の住宅に住んでいます

 

 

 

次にご紹介するのは・・・・

 

■今の家:平成28年基準

 

早速中へ・・・・

 

 

■サッシは『アルミ+樹脂:ペアガラス仕様』

 

 

大分青い部分が無くなり、空間の上下温度差も少なくなっていますが

暖色系がまだまだ『少ない!!』

 

私の中では『もっと黄色系が多くなるのでは・・・』と思っていましたが

実際はこうなんですね!

サッシも大分深い紺色から青系になっていますが

ガラスよりフレームが冷たくなっていることが

色で判断できます

 

 

そして3室目は・・・『これからの家』

 

 

■HEAT20 G1レベル(ZEH基準を上回る性能)

 

早速中へ・・・・(暖か~い)

 

 

■サッシはアルミ+樹脂:トリプルガラス仕様(人真っ赤です)

 

部屋全体が『暖色系』

サッシ枠が多少緑がかっていますが『天井と床』の

温度差はほとんど無いようです

 

 

■3部屋の比較:一目瞭然です!!

 

実際に『G1レベル』で設計した場合の家の

実感がわきます

 

 

■こちらの表は『3室の温度差比較表』

因みに・・・天井と床の温度差は・・

 

①昔の家:9.1℃(天井24.5℃ 床15.4℃)

②今の家:5.3℃(天井23.8℃ 床18.5℃)

③これからの家:1.7℃(天井24.2℃ 床22.3℃)

 

 

昔の家は足元が非常に寒いことが分かります

 

次に屋外へ・・・

 

■室内ですが巨大な冷蔵庫になっています

気温は『0℃』

 

 

■先程とは逆で赤くなっている家は『昔の家』

 

赤くなっているということは『熱が外部へ逃げている状態』

 

サッシ性能での違いがはっきり分かります

 

 

最後に・・・『夏』

 

■冬から夏へ

 

 

 

■真夏の太陽光を再現:左(庇無) 右(庇あり)

 

 

体験型ショールーム分かりやすくて『いいですね!』

 

本当に貴重な一日でした!!

 

 

これからの家

『HEAT20 G1』いい家です

 

 

 

 

■下の階に移動して最新のLIXIL商品も見学

 

ショールーム広すぎて・・・・・圧倒されました!!

 

 

 

機会がありましたら是非

『西新宿ショールーム』で体感してみては・・・