KMつりclub KMclubはいつでも参加者募集中です
さいとう

つりclub⑥『尚仁沢アウトドアフィールド』

2016/08/09

※過去記事

 

今回の釣りクラブは
管理釣り場での釣行!

 

以前ご紹介しました
『尚仁沢アウトドアフィールド』です!

 

AM5:30 坂巻部長宅集合

釣行前に・・・・・・

部長もついに『自転車』を買いました!

 

コチラ

1
■部長の秘密基地にて
※メカ好きの部長は大部いじったらしい!

 

イタリアの名門『ビアンキ』
カラーも『チェレステ』

 

~チェレステとは・・・~
ビアンキの自転車は伝統的にチェレステ(イタリア語:Celeste、碧空、天空)
という緑色に近い青色。
チェレステはイタリアのマルゲリータ王妃の目の色をモチーフにしたという伝説も・・・
※ウィキペディアより

 

次回は坂巻部長と『ロングライド』に・・・・

 

話を戻して・・・・

 

坂巻部長の『秘密基地』に入るのは
三年半前の引き渡し以来!(離れ風に設計しました!)

 

ここでチョット『秘密基地』
秘密でご紹介します! ※この話はくれぐれも秘密で・・・

 

 

その①

2
■ショットグラス:海外出張のたびに購入したとのこと

 

 

その②

3
■BASSの『ペン立て』:AM5:36

 

 

その③

4
■きれいに整理されいるカウンター:釣り具や息子さんの写真も

 

 

本当に整理整頓されていて気持ちがいいです!

 

※家を建てていただいたお客様のプライベート部分を
撮影したのは初めてです!しかも早朝5:30に!
(坂巻部長はKMハウスのOBのお客様です)

 

自転車や釣りの話で盛り上がったあと
6時前に出発!

 

5
■入口看板:結構明るくなってきました!

 

 

6
■夜明け前のフィールド:7時開始です!

 

その前に腹ごしらえ

 

 

6-1
■太陽が見え始めました:朝食は『サンドウィッチ』

 

食後、駐車場に戻り準備開始

 

 

7
■40㎏オーバーの『ゴールデン』がお出迎え

 

 

7-1
■齋藤からなかなか離れません!:たぶん『ブレイン』の匂いがするのかな?

 

挙句の果てに、坂巻部長の車の中に侵入!

 

齋藤は助かりましたが、坂巻部長の車が少々被害に・・・・

 

『部長ありがとうございます!齋藤のために・・・・』

 

間もなく時間となり・・・・

 

 

8
■防寒対策は万全の『坂巻部長』:先ほどの事故を忘れてください!

 

 

そして・・・いきなり・・・『フィッシュ』

 

 

9
■約15分の格闘後、見事に『キャッチ』

 

60㎝以上はあったと思いますが・・・・・・

 

 

10
■複雑な表情の『坂巻部長』:決して理由は聞かないでください!

 

しかし・・・・部長は『いつも通り』です!

釣って釣って釣りまくるのだ~

 

 

11
■慎重に取り込む

 

 

12
■先程と表情が違います!:見事なレインボートラウト

 

 

部長の写真はこの辺で・・・・
※掲載しきれませんので!

 

 

ところで・・・齋藤は・・・・

『フッフイッシュ』

 

 

13
■昨日購入したルアーにHIT!

 

でもこの後なくしました・・・トホホ・・・

『タイトに攻めた結果です! 決して腕ではありません!』

 

 

14
■ブラウントラウト:茶褐色でドットに特徴があります!

 

ここはルアーの制限がシンプルで
『シングルフックのバーブレス』:1本針のカエシ無のみ

 

ルアーの重さや大きさには制限がありません!
※齋藤向きです!大きめのルアーが大好きです!

 

次回は、10㎝オーバーのルアーで挑戦しま~す
※管理釣り場の制限は6㎝位が最大サイズ

 

この日も夕方まで
クタクタになるまで楽しみました!

 

『坂巻部長』来年もよろしくお願いします!

 

オマケ・・・・

 

フックリリーサー作りました!

 

※坂巻部長が『齋藤さんなら簡単に作れるよ』
の一言で・・・(市販品は¥1500~¥3000位はします)

 

コチラ

15
■一気に3個作りました:ピンクは関君用(BASS用ルアーを代用)

 

サルとレッドヘッドのルアーは元『ボールペン』

 

全て『リユース』『ロハス仕様』

 

金属の部分は『BBQの串』:100円ショップで購入!(3本100円)

 

使い方は・・・・・・

 

コチラ

16
■スミスHPより:魚も嬉しそうです!

 

魚に触れることなく『リリース』可能

トラウトは人間の体温で『ヤケド』するらしい!

次回の釣行には必ず持っていこうと思います!

 

『サル君』を・・・・・・