KMキャンプclub KMclubはいつでも参加者募集中です
さいとう

キャンプ④『オートキャンプ那珂川ステーション』

2016/08/08

※2015年の記事です

 

 

最近すっかりキャンプにはまり
10月末に『すぎちゃん』とまた行ってきました!

『おやじキャンプか〜』  

 

宇都宮市から40〜50分圏内の平地キャンプ場の条件で
ネットで確認したところ『中々いいね〜』となり
ここに決定しました!

 

コチラ(オートキャンプ那珂川ステーションHPより)

1
■ツインリンク茂木の先約5分の場所:茨城県との県堺(那珂川沿いです)

 

決め手はもちろん近いということと、無料のドラム缶風呂があり、さらに
『カヌー持込み』OKだからなのだ!
※利用料¥1500-/人

 

2
■管理棟:ここで受け付けし、利用料を支払います

 

周囲の施設ご紹介!

 

3
■バーベキューコーナー

 

 

4
■家族用貸出テント:『ティーピーテント』インディアンの住居
中で『火』が使えます!

 

 

5
■貸出用&体験用『カヤック』

 

そして・・・・例の・・・・

 

6
■ドラム缶風呂コーナー:3か所あります

 

おまけ・・・

 

7
■洗浄便座:最近のキャンプ場はトイレがきれい!

 

他にも施設はありましたがこの辺で
テントフィールドへ・・・・

 

 

8
■那珂川に架かる123号線の橋が見えます:ここで約20張テントが設置可能

 

さっそく準備開始!

 

 

9
■もちろんカヌーは積んできました:『すぎちゃん』準備開始

 

『すぎちゃん』の提案で『栗の木の下』でテントを設置することに

 

 

10
■齋藤も準備開始:『すぎちゃん』一歩リード

 

オレンジ色の『ダンロップテント』が素敵!

数分後・・・・

 

 

11
■テーブルを挟んでテント設置『完了』

 

7月のキャンプの時、少々水漏れした齋藤のテント
今回は妻からもらった『防水スプレー』でフライシートを『簡易防水』

 

 

12
■この日の夜雨が降りましたが・・・・
スプレーのおかげで・・・『バッチグー』・・・古い

 

 

12-1
■暗くなる前に・・・記念撮影:手前は『すぎちゃん』持参の『焚火台』

 

最近のキャンプ場は『直火禁止』が多いため『焚火台』が必要
※¥5,000-〜¥20,000-位で、金額の幅はありますが
¥5,000-の『焚火台』で十分!→『すぎちゃん』所有です!

 

 

コチラ

13
■なかなか良い雰囲気!

 

『キャンプ最高!』

    &

 『焚火 最高!』

 

となると

 

食事の準備『開始』ですよね!

まずは今晩の『つまみ』ご紹介!

 

 

14
■焼きシシャモ・・・『以外にうまい!』
※他に・・あたりめ・チーカマ・などなど・・・

 

さらに・・・

 

 

15
■こちらは『カキののスモーク』

 

前々から気になっていたのですが『金額が・・・・』
※1缶 ¥350-だったかな?

 

で、今回奮発して購入

 

しかし・・・・『すぎちゃん・・・カキ苦手』・・だった・・・

 

ということで・・・齋藤『独り占め』

 

『うまかった〜』

 

齋藤が飲んだくれている間、淡々と『すぎちゃん』の作業は続き・・・

 

コチラ

16
■そうなんです!今晩のメインは『キムチ鍋』
注)この食材『まったく水で洗っていません!』
大根は皮すら剥いていません!!!!!

 

 

1
■皮を剥いていない『ぶつ切りの大根』
※何度も言いますが『洗っていません』

 

『すぎちゃん』曰く

 

「火を通すのだから洗う必要なし!!」

    &

 「キャンプだろ〜」

    &

 「水は貴重品なんだから・・・」

 

といわれ・・・納得する『齋藤』

 

『ワイルドだろ〜』・・・・・古いけど使いました!

 

 

16-1
■調理を淡々と続ける料理長の『すぎちゃん』
※『すぎちゃん』土鍋持参

 

仕上げは・・・

 

 

17
■マロニーちゃん・・・これが実に・・・

 

『うまい うまい うまい』 

※大根の皮は火が通りにくく少々『固かった』

 

でも・・・『キャンプだから・・・』

 

 

18
※スミマセン・・・食事風景が・・・・ありません・・・
暗がりで食事している風景を『想像してください!』

 

 

18-1
■コールマンの200Aの優しい灯りに癒されますね!

 

 

19
■絶好調の『焚火』・・・いいですね〜

 

上を眺めると・・・

 

 

19-1
■栗の葉の間からうっすらと『月明かりが』

 

そして・・・・
ゆっくりと時間が流れていく!

 

お腹も満たされたところで・・・

 

『入浴TIME』

 

 

20
■親子用の『ドラム缶風呂』

 

入浴シーンはありませんが・・・『ご想像にお任せします』

気持ち良くなったところで・・・

 

『焚火』を眺めながら・・・
またまた『アルコールTIME』

 

『すぎちゃん』&『齋藤』の夜は続く・・・続く・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

翌朝

 

 

21
■辺りから栗のイガイガや枝を拾い集め、焚火の燃料に・・

 

 

22
■薪入れすぎました!

 

火が落ち着いたところで
朝食の準備『開始』

 

 

23
■昨日の残りの『キムチ鍋』に・・・・

 

 

コチラ

24
■パック式のご飯を入れ『おじや風に』

 

これがまた・・・『うまい うまい うまい』

 

2日目も最高!!!!!

 

朝から『贅沢させていただきました!』
※安上がりな贅沢です!

 

 

食後・・・・は・・・やはり・・・例の・・・

ハイ!

 

これで楽しむのだ!!

 

 

25
■食後の『カヌー』です!  決して『デザート』ではありません!

 

颯爽と那珂川にカヌーを出し・・・・

たんですが・・・

 

『流れが強すぎる〜』

 

何とか『すぎちゃん』と強調し合い、
上流へ・・・・

 

27
■赤い彗星『すぎちゃん』

 

流れに任せ、ゆっくり下る!

 

 

26
■齋藤は『船長』:「すぎちゃん もっと漕いで!!!力強く!!」

 

約1時間『流れるままに』カヌーを楽しんだ二人

 

大自然満喫後、AM11:00 キャンプ場を後に・・・

 

そして
本日の〆はやはり・・・・コチラ

 

 

28
■二代目『村岡屋』

 

そう、『ラーメン』

 

二人ともあっさりの『中華そば』のCセットを注文

 

コチラ

29
■鶏出汁のあっさり醤油スープ

 

セットのご飯は

 

コチラ

31
■ご飯の上に『豚バラの塊』が・・・

 

ZOOM・・・UP!

 

 

32
■なんという光景:『デカすぎる』

 

『すぎちゃん』は

 

 

30
■動揺することなく・・・淡々と・・・

 

本当に、本当に楽しい2日間でした!!

 

『すぎちゃん ありがとう!!』

 

寒くなる前にもう一度キャンプしたいな〜

ということで・・・・

 

関君と再び『オートキャンプ那珂川ステーション』に・・・・

 

この続きは次回へ!

 

それでは・・・次回を・・・乞うご期待!!