KMキャンプclub KMclubはいつでも参加者募集中です
さいとう

キャンプ②

2016/08/01

注)過去記事

 

道具の手入れも無事終わり
7月22日・・・いよいよ『本番』

KMハウスPM3:00集合
※すぎちゃん10分遅刻

齋藤の車に道具を急いで移動させ

『出発!!』

目的地は
日光湯元キャンプ場 ※冬はスキー場になります

翌日は湯ノ湖で『フィッシング』

途中、中禅寺湖で『ボートハウス見学』

1
■中禅寺湖ボートハウス:金谷ホテル前

 

早速中へ・・・・

 

 

2
■最下階ににボートの展示室があります(3F建て)

 

 

3
■ベルギー王国大使館寄贈(2009.6):「ド・バッソンピエール号」
この度、ベルギー王国大使館よりボートが寄贈されました。
このボートは昭和初期に造られた和船で外交官とその家族が
フィッシング等に使用してきたもの。
中禅寺湖畔のベルギー大使館別荘に保管されていたものを
修復し中禅寺湖畔ボートハウスに展示 ~日光自然博物館HPより~

綺麗なボートです!

暫く見学した後、
3Fデッキへ・・・

 

4
■中禅寺湖畔が一望できます:注)レストランはありません

 

 

29
■ようやく登場:元祖『すぎちゃん』

寄り道はこの辺で・・・・目的地へ・・・

 

 

5
■日光湯元ビジターセンター

 

 

キャンプ受け付けはここで(大人:¥1000/人)

札の付いたリボンを受け取り
いよいよキャンプ場へ・・・

 

 

6
■荷物を車から移動させ、テントを組み上げる

 

齋藤、一歩リード! ※競争はしていません!

 

 

6-1
■練習通りいいペースで組み上げる!

 

一方、『すぎちゃん』は・・・

 

 

8
■丁寧に・・・確実に・・・:mont・bell製
※緑のリボンが支払済の目印

 

 

7
■最後の仕上げのフライ装着

 

 

9
■完成しました!

 

平日と言うこともあり
我々以外のテントは4張り

テントの準備が終わったということは
次は・・・

『食事』

の段取りですが・・・
今回は・・・『外食』
※一度行きたかったお店が中禅寺湖にあったので・・・

釣りの帰りにお店の前を通ると
いつも行列ができているんです!

と言うことで
急いで『中禅寺湖』へ・・・

 

 

11
■船の駅中禅寺:ここに車を止めます
※お昼は中々駐車できません!

 

その気になるお店が・・・

コチラ

10
■浅井精肉:肉の小売りはやっていません

 

よーく見てください!奥にのれんが見えませんか?

 

 

32
■とんかつ浅井:お肉屋さんの『とんかつ店』
PM5:00~PM6:30(夜の部)

 

ご存知の方も多いと思います!

この日は『スムーズ』に中へ・・・『ラッキー』
※オープン5分前に並びました(2番.3番)

 

 

13
■カウンター席のみ(6席ありました)

 

もちろん、オープンと同時に『満席』
※夕方の方が空いている感じがします!

早速、メニューを確認

 

 

12
■全体的に値段は安い気がします!

 

お店の人に人気メニューを確認し
『ソースカツ丼』に決定 ※¥900-

その人気№1の『ソースカツ丼は』は・・・

 

 

コチラ

14
■ヒレカツが『山盛りだ~』

 

 

ところで・・・上の皿は?

細かいことはいいから・・・

カツの・・・ZOOM・・・UP!!

 

 

15
■ヒレカツが5枚確認できる~

 

※カツの量が多すぎて御飯に到達できないため
一旦カツを移すための皿が付きます

横からも・・・

 

 

16
■見事なマウンテン状態!!  ダ~

 

撮影はもうこの辺で・・・

『いっただきま~す!!!!』

 

 

17
■2枚カツを避難させる『齋藤』

 

ソースの甘さも丁度よく、油のしつこさもなく
お肉は柔らかく『ジューシー』

『こんなソースカツ丼初めてや~』

『うまい うまい うまい~』

 

 

18
■いつもの様に冷静な『すぎちゃん』

 

 

普通、お肉が多いと
だんだんしつこくなって
終いには飽きてきて・・・

なんてことはありません!!

最後まで『おいしく頂きました!!』

※ソースカツ丼はあまり好みではありませんでしたが
『とんかつ浅井』は『別』

ごちそう様でした!!

ここで夕方の『中禅寺湖』&『湯の湖』をご紹介!

 

 

20
■『すぎちゃん』撮影:中禅寺湖の夕日

 

 

19
■『すぎちゃん』撮影:雲のかかった男体山

 

『齋藤』の撮影は

 

 

21
■『齋藤』撮影:湯の湖①

 

 

22
■『齋藤』撮影:湯の湖② 空

 

 

そして・・・・

31
■はしゃぐ『齋藤』

 

 

湖畔では林間学校に来ている
小学生が『キャンプファイヤー』を

 

 

23
■いいですね!齋藤も小学生のころ
県主催のキャンプに参加したことを思い出しました!

ゆっくりと湖畔周辺を散策した後
ベースキャンプへ戻る『すぎちゃん&齋藤』

 

 

24
■コールマンの200A(1972年製)に火を燈す

 

 

25
■リラックスする『すぎちゃん』:どことなく松本零士に似ている
※7月22日ですが『夜は肌寒い』

 

齋藤は・・・

 

 

26
■『Jim Beam』で上機嫌!!

 

 

そして・・・・
ゆっくりとした時間が『流れる・・・流れる・・・流れる』

お見せできないのが残念ですが

夜空には『天の川』がはっきりと・・・

『美しすぎる!!』

 

 

30
■バーボンを飲みながら明日の釣りの準備をする『齋藤』

 

釣りの前夜は
タックルの準備が楽しいです!!

『明日はこれで釣り始めようかな?』とか・・・

想像するだけで『ワクワク』します!

 

 

28
■お気に入りの写真です!!

 

でも・・このシーン・・・
どこかで見たような・・・

気が付きましたか?

そう

『紅の豚』のワンシーンに似ている様な・・・

※マルコが秘密基地で翌日の対戦を前に
テーブルで銃弾を確認する・・・

マルコとは逆でだんだん齋藤が『豚に・・・』

本当にキャンプは『楽しいです!!』

そして・・・『翌日』

・・・・・・・

この続きは『キャンプ③』で・・・

それでは次回を

乞うご期待!!!