KM自転車club KMclubはいつでも参加者募集中です
さいとう

注)過去記事

 

久しぶりの齋藤自転車店開業です(二か月ぶり)

もう終わった(ツブレタ)と思っていませんか?

まだまだ続きますよ!

 

2ヶ月間じっとしていて

ようやく資金調達に成功!!

待望のカッコイイ部品を仕入れました!!

 

それは・・・・

タイヤとチューブ、そしてホイールを・・・・・・

コチラ

taiya1.JPG

〇タイヤとチューブ

ドイツのコンチネンタル製  タイヤ:グランプリ4000S

チューブ:バルブ長さ60?タイプ

 

ホイールは

 

hoi-ru2.JPG

〇MAVIC製:コスミックカーボンSL

 

楕円形サイドウォールの

52 mmディープリム

黒い部分がカーボンになっており楕円の断面形状で、空気抵抗を

抑える役割をしています。

 

 

 

 

 

カッコイイ!!!!!   最高!!!!

 

 

 

今回仕入れたパーツの中で、一番の高いヤツ(仕入れるかどうかかなり迷いました!)

 

 

さて、作業開始!!

ホイールのリム部分にチューブがあたり、傷つかないように

この黒いリムテープを最初に貼ります。

 

 

hoi-ru 3.JPG

■バルブを通す穴にあわせます

 

 

この後・・・・

完成が待ちきれずちょっとどんな具合か

フレームにホイールを取り付けてみた! (齋藤店主はセッカチです!!)

 

 

コチラ

karigumi4.JPG

〇予想以上に

カッコイイ!!!

 

 

※整理整頓されていない工房ですね・・・・反省!!

 

 

一服の時間はこの辺で・・・・・

 

次にチューブとタイヤを組み付けます。

コチラ

 

hai-ru5.JPG

〇上から

ホイール・チューブ・タイヤ

 

ホイールにキズが付かないように下にマットを敷きこむ!!

 

 

 

hai-ru6.JPG

〇タイヤはタスキ状になっており、慣れないとホイールに取り付けづらいですよ!!

※チューブは予め柔らかい筒状になるように空気を入れておくのがコツ!!

 

そして、そして、そして

 

組み付け完了!!!

コチラ

 

hai-ru7.JPG

〇タイヤを取り付けるとさらに “カッコイイ”

 

 

実は・・・・・・・・・スムーズに作業が進んでいるように

感じると思いますが・・・・・・・

 

2本ホイールを完成させるために

チューブを3本駄目にしました・・・・・・

 

注)タイヤを取り付けるときは、チューブに空気を程よく入れ、レバーで挟みこまないように十分注意してください!!!

ちょっとでもホイールのリムとタイヤの間にチューブが入り込むと、タイヤレーバーで傷つけ穴が開きます!!

(ロード用チューブはデリケートです)

 

第一回目の授業料でした・・・・・(第一回目と言うと・・・・・まさか・・・・次?)

 

様々な困難を乗り越え

 

齋藤自転車店まだまだ続きま~す!!!

 

 

それでは

 

次回を 乞うご期待!!

 

alt属性
さいとう

 

 

注)過去記事②

 

真っ赤なフレームを仕入れた1ヵ月後

足回り等を先に仕入れることにしました。

 

kurannku.JPG

◎クランクセット(スラム社製)

クランク+チェーンリング

※仕入れ基準はデザイン優先!

◎BBセット:クランクを差し込む 回転軸

 

 

本格的に自転車に乗るまでは、このBB(ボトムブラケット)は

知りませんでした。その用途は、クランクとの接点部分ににベアリングがあり、

ペダリングをより快適に、スムーズにする部品です。

高価なものはセラミックベアリングになっています。

 

 

さらに

 

CA3I0981

◎白いサドルも

※赤いフレームに合うと思い購入

 

では・・・・・作業開始!

 

 

BBana.JPG

■BB取り付け部

ネジ部にグリスを丁寧に指で塗りこむ

 

BBsoutyaku.JPG

■ロボットの手のような専用工具で

BBを締め付けます。

注)左右のねじ込みが、時計回りと

反時計回りがあるので注意!!

 

※ネジの規格も3種類あります。間違えると

入りません。

◎イギリス・フランス・イタリア式

 

BBkannryou.JPG

■ピンボケですが装着完了!!!!

この黒い部分にベアリングが

入っています!

 

 

何とか無事に完了!!

 

 

CA3I0987

※カッコイイ

反対側も・・・・こんな感じ・・・・

 

zenntai?.JPG

※いいデザインです!!

チェーンリングのデザインがお気に入り

 

 

今回はここまで・・・・ 残念!!!!!!

その訳は・・・・・

資金調達が困難に(小遣いが足りなくないました)

 

 

まだまだ続きます

 

スイマセン・・・・・・最後までお付き合いお願いしま~す!

alt属性
さいとう

注)過去の記事になります

 

KM自転車CLUB『始動!!』

 

自転車組み立て始めました。

そうです! 『 ♪齋藤自転車店 はじめました~♪ 』 これも古いかな?

 

CA3I1087

◎イメージトレーニングから

本とDVDを購入し研究を・・・

 

DVDのタイトルは 『ロードバイクの組み立て』 になっていますが

映像を見ていると 『よい子は決してマネをしないように・・・』

の注意書きのテロップと解説が入ります。

実際は『組み立ては専門店で・・・・』 ですが・・・・・・ 実行あるのみ!!!!!

そして専用工具をそろえてみました。

コチラ

CA3I1088

◎左から説明しよう!!

1.ケーブルカッター

2.スプロケット外し

3.BB回し

4.チェーンカッター

その他、6角レンチ、スパナ等があります

それそれが特徴ある形になっていますが、この専用工具が無ければ

組み立てることが出来ません。

専門用語があるので、組み立て過程で再度ご説明します。

そして、齋藤自転車店が最初に仕入れたものは『フレーム』

コチラ

CA3I0974

◎キャノンデール社製 2001年モデル

もちろん中古!

 

イタリアのチーム名 『Saeco』

4

『サエコ』・・・・・女性の名前ではありません。歌でもありません(それは『サチコ』)

イタリアのエスプレッソマシーンを作っている会社が

スポンサーになっているチームのレプリカモデル。

エアロ仕様になっていて、フレームが少々扁平

(全体がアルミ製、フロントフォークがカーボン製)

※フロントフォーク:前輪が付いている2本の腕部

赤のフレームに黄色のロゴ。結構派手です!!

以前からかなり気になって購入を考えては断念していましたが、

思い切って自分で組み立てる決意をして購入に・・・・(値段も下がってきたタイミングも要因)

『齋藤自転車店』 の開業です。

この続きはまた・・・

乞うご期待!!

最後に・・・

ディスプレイスタンド購入しました。

コチラ

CA3I0971

◎スタンドではなくハンガーでした。

←チネリだけのハンガー

やっぱり

チネリ・・・「カッコイイ」

CA3I1380

 

alt属性